スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2020.02.07 Friday
  • -

むし歯予防のために“フッ化物”を利用しましょう

こんにちは!

歯科衛生士の江邉(エベ)です

今回のテーマは“むし歯予防のためのフッ化物利用”についてです!

 

毎日歯みがきをしているのにむし歯になってしまった・・・

という経験、ありませんか?

 

実は、むし歯は様々な要因が重なり合って発生するため、歯みがきだけでむし歯を予防することは難しいのです。

大きな要因は3つあり、それぞれの対処方法を組み合わせて、むし歯予防に取り組む必要があります。

歯の質を強くする方法として、“フッ化物”の利用があります。

 

特に生えたての歯は見かけは一人前ですが、歯の質は未完成でむし歯になりやすいです。

“フッ化物”は、酸によって溶け出したカルシウムやミネラルを歯に取り戻す“再石灰化”を促進します。

また、歯の表面に作用し、むし歯菌の作る酸に溶けにくい歯を作り、むし歯を予防します。

そして、“フッ化物”は継続して利用することで、大きな効果が期待できます。

 

ぜひ、フッ化物を利用する習慣づくりをしてみませんか?

 

具体的な方法としては・・・

 歯科医院・保健センター等でフッ化物歯面塗布を行う

 ご家庭でフッ化物入り歯みがき剤を使う

 教育現場・ご家庭等でフッ化物洗口を行う    等があります。

 

サンスターから発売されているフッ化物洗口液“エフコート”は医療用と同成分の“フッ化物”が配合されています。

 

 

歯が生えたばかりのお子様(4歳以上)から大人の方まで幅広く使え、ご家庭での利用にオススメです!

※“エフコート”は要指導医薬品です。薬局または薬剤師がいるドラックストアで薬剤師からの説明を受け、「使用上の注意」をよく読んでお使いください。

 

上段でお伝えしたようにむし歯の大きな要因は3つあるので、フッ化物を利用するだけでなく、食後の歯みがきや甘味の適正摂取を心がけ、むし歯に負けない健康なお口を保ちましょう

来週は、歯科衛生士の堤より“”歯周病について”のお話をします!

お楽しみに+*

 

 

 

 


スポンサーサイト

  • 2020.02.07 Friday
  • 09:42
  • -

コメント
コメントする