スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2020.02.07 Friday
  • -

研修会報告 〜11/18開催「歯科衛生士のための喀痰吸引基礎知識」〜

 

こんにちは!

歯科衛生士の羽尾です(^.^)

 

11月18日(日)に開催しました、当協会主催研修会「歯科衛生士のための喀痰吸引基礎知識」についてご報告いたします。

研修会は、昨年度と同様、午前「講義編」、午後「実習編」の日程で学びました。

 

 

〜講義編〜

 

昨年度に引き続き、講師には、医療法人社団健進会新津医療センター病院 看護部長 本間美知子先生をお招きしました。

本間先生は、「日本看護協会認定看護管理者」の認定資格をお持ちでいらっしゃいます。

また、新潟県看護協会の理事を務めていらっしゃったり、最近では保健博士号を取得しておられたりと、医療・介護分野で大変ご活躍されている先生です!

 

講義では、

・呼吸の働きと仕組み

・喀痰吸引の定義、目的、適応について

・吸引を受ける利用者および家族の理解について

・吸引技術と実施上の留意点

・吸引のための条件等について        等

をお話しいただきました。

また、実際の喀痰吸引の手順についての動画も上映していただきました。

 

〈講義の様子〉

 

 

 

〜実習編〜

 

午後からは、医療法人社団健進会新津医療センター病院 副看護部長 志田るり子先生にもお越しいただき、

本間先生と、2名の先生より吸引の手技について教えていただきました。

 

先生方によるデモンストレーションを見学させていただいた後は、各グループに分かれ、吸引模型で実技演習を行いました。

全4グループ(各3〜4名ずつ)で、先生1名につき2グループずつ、細部にわたりと手取り足取り手技をご教授いただきました。

 

〈実習の様子〉

 

 

 

全研修内容終了後、実習編までご参加いただいた皆様へは、筆記テストと講師による実技チェックを受けていただき、

当研修を修了した証として、修了証を交付いたしました。

(この修了証は、喀痰吸引の実施に伴う「認定特定行為業務従事者認定証」ではありません。)

 

受講者の皆様からは、「看護師さん目線の講義をしていただき、患者や家族への配慮の大切さ等も改めて学べました。」

「講義だけでなく、実習も受けたことで、実際の手技への不安がなくなった。」等という声が多く上がりました!

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 

 


スポンサーサイト

  • 2020.02.07 Friday
  • 10:52
  • -

コメント
コメントする