スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2020.02.07 Friday
  • -

健康寿命延伸フォーラム ブース出展に参加させていただきました!

歯科衛生士の江邉です

今日から11月に突入です。今年も早いもので残り2ヶ月ですね。

11月は、“にいがた健口文化推進月間”です。

健口文化とは**************************************************

 お口の健康のための心がけや行動が、週間として家庭や地域に根付き、当たり前に親から子、子から孫へ伝わる文化です。

********************************************************

ぜひ、身近なことから始めてみてください。

 例えば・・・

 よく噛んでたべる

 デンタルフロスや歯間ブラシを使う

 歯科健診を受ける         などなど

 

ご家族や友人などにも呼びかけて一緒に取り組んでみるのもいかがでしょうか(´V`)ノ

 

さて、10月22日(日)新潟ユニゾンプラザにて「健康寿命延伸フォーラム」があり、新潟県歯科医師会・新潟県歯科衛生士会のブース出展のお手伝いをさせていただきました!

今回、“グミゼリーを使用した咀嚼能力検査(どの程度かめているか)”を実施しました。

この検査は、専用のグミゼリーを30回噛んでいただき、どの程度粉砕されているかで、咀嚼能力をスコア判定するものです。

フォーラムの特別講演では、新潟大学大学院医歯学総合研究科 包括歯科補綴顎分野 教授 小野 高裕 先生の“咀嚼と健康寿命”をテーマにしたお話しがあったことから、多くの方に本ブースにお立ち寄りいただきました。

 

 

始めてこの検査を体験される方が多く“思ったよりよく噛めていなかった”“よく噛むことを意識しようと思った”などの声が多くでました。

この気付きをきっかけに、お口の健康を気にかけていただけると幸いです

 

 


スポンサーサイト

  • 2020.02.07 Friday
  • 16:52
  • -

コメント
コメントする