スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2020.02.07 Friday
  • -

研修報告〜四時から夢塾〜

歯科衛生士の石本です。

 

2月6日に見附市教育委員会学校教育課主催「四時から夢塾」研修会が行われた様子をお伝えいたします。

 

「四時から夢塾」という素敵なネーミングですが、教職員の先生方へ向けて子どもたちがすこやかで、自分の夢の現実に向けたくましく生きていけるように、先生方の資質向上を図る目的で研修会を開催されております。

今回は「歯についての知識やう蝕・歯肉炎予防」をテーマとし、教職員の先生方が40名程度ご参加いただきました。

講師は、県歯科保健協会専務理事 木戸寿明先生から子どもの口腔内状況やむし歯・歯周病予防について、わかりやすくご講演いただきました。

   

 

行政・企業等に出向いて講演会、研修会の講師派遣を行っています。お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


研修会報告 〜11/18開催「歯科衛生士のための喀痰吸引基礎知識」〜

 

こんにちは!

歯科衛生士の羽尾です(^.^)

 

11月18日(日)に開催しました、当協会主催研修会「歯科衛生士のための喀痰吸引基礎知識」についてご報告いたします。

研修会は、昨年度と同様、午前「講義編」、午後「実習編」の日程で学びました。

 

 

〜講義編〜

 

昨年度に引き続き、講師には、医療法人社団健進会新津医療センター病院 看護部長 本間美知子先生をお招きしました。

本間先生は、「日本看護協会認定看護管理者」の認定資格をお持ちでいらっしゃいます。

また、新潟県看護協会の理事を務めていらっしゃったり、最近では保健博士号を取得しておられたりと、医療・介護分野で大変ご活躍されている先生です!

 

講義では、

・呼吸の働きと仕組み

・喀痰吸引の定義、目的、適応について

・吸引を受ける利用者および家族の理解について

・吸引技術と実施上の留意点

・吸引のための条件等について        等

をお話しいただきました。

また、実際の喀痰吸引の手順についての動画も上映していただきました。

 

〈講義の様子〉

 

 

 

〜実習編〜

 

午後からは、医療法人社団健進会新津医療センター病院 副看護部長 志田るり子先生にもお越しいただき、

本間先生と、2名の先生より吸引の手技について教えていただきました。

 

先生方によるデモンストレーションを見学させていただいた後は、各グループに分かれ、吸引模型で実技演習を行いました。

全4グループ(各3〜4名ずつ)で、先生1名につき2グループずつ、細部にわたりと手取り足取り手技をご教授いただきました。

 

〈実習の様子〉

 

 

 

全研修内容終了後、実習編までご参加いただいた皆様へは、筆記テストと講師による実技チェックを受けていただき、

当研修を修了した証として、修了証を交付いたしました。

(この修了証は、喀痰吸引の実施に伴う「認定特定行為業務従事者認定証」ではありません。)

 

受講者の皆様からは、「看護師さん目線の講義をしていただき、患者や家族への配慮の大切さ等も改めて学べました。」

「講義だけでなく、実習も受けたことで、実際の手技への不安がなくなった。」等という声が多く上がりました!

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

 

 

 


11月は「にいがた健口文化」推進月間です。

歯科衛生士の石本です。

 

「健口文化(けんこうぶんか)」とは ?

「健やかな口」と書いて「健口(けんこう)」と読みます。
健口文化とは、お口の健康のための心がけや行動が、習慣として家庭や地域に根付き、当たり前に親から子、子から孫へと伝わる文化です。

 

お口の健康について身近なものとして関心を持ってもらえるように、11/3(土) デンカビッグスワンスタジアムにて行われたアルビレックス新潟VSロアッソ熊本 戦のハーフタイム中に、「新潟県宣伝課長トッキッキ」、県歯科医師会の先生方とともに「にいがた健口文化推進月間」の横断幕とのぼりを持ってスタジアム内を1周し、PRさせていただきました。


 

 

スタンドから手を振っていただいたり、温かいお声も掛けていただき本当にありがとうございました。

試合は惜しくも負けてしまいましたが、引き続きアルビレックス新潟を応援していきたいと思います!

 

お口が健康だと全身の健康にも良いことがたくさんあり、健康で長生きすることが分かっています。

歯や口の健康を守るために、定期的に歯科健診を受けましょう!
 


24時間テレビチャリティーブース出展☆

 

こんにちは!

歯科衛生士の西です♪

もうすぐ9月ですね。でもまだまだ残暑は続きそうですので、みなさん体調には十分気をつけてください!

 

8/26(日)に万代シティにて、

24時間テレビチャリティーブースへ出展させていただきました!

 

例年同様、新潟県健康づくり財団のブースで「健口チェックコーナー」ということで、2つの検査を実施しました。

 

〈唾液検査による歯周病チェック〉

「ペリオスクリーン®」という試薬を使用して、

唾液中に混ざっている微量な潜血を検出し、歯周病にみられる出血の反応を判定するものです。

この検査で陽性反応が出た方には、歯周病の疑いがあるため、歯科医院での詳しい検査をおすすめしました。

 

〈ガムを用いた咀嚼力の検査〉

「キシリトール®咀嚼チェックガム」を使用し、咀嚼力を判定するものです。

最初は緑色のガムですが、噛めば噛むほど赤くなり、簡単に咀嚼能力を判定することができます。

よく噛むことは身体に以下のような良いことがたくさんあります!

・消化吸収を高める

・むし歯・歯周病の予防

・肥満予防

・糖尿病やがんの予防

・ストレス発散

・記憶力のアップ    etc...

みなさんも普段のお食事をよく噛んで食べるように心がけてみてください!

 

当協会のブースには、1日で120名の方にご参加いただきました。

雨が降る時間帯もありましたが、お立ち寄りくださったみなさまありがとうございました!

このようなイベントを通じて、みなさまの歯科受診やお口のケアのきっかけになれば幸いです。

 

【ブースでの様子】


研修会報告 〜5月31日・6月14日開催 はじめての口腔ケア〜

こんにちは!

歯科衛生士の江邉(エベ)です★

 

標記研修会を県内下記2会場で開催しましたので、当日の様子をご紹介させていただきます。

 

【開催日・会場】

5月31日(木) 長岡会場(長岡市さいわいプラザ)

6月14日(木) 新潟会場(新潟県健康づくりスポーツ医科学センター)

 

「はじめての口腔ケア」は介護施設等のスタッフを対象に口腔ケアの基礎を学ぶ研修会です。

 

最初に口腔ケアの実施意義から、入れ歯の取り扱いや清掃用具の管理方法など、幅広い内容の講義を行いました。

【講義の様子】

 

その後、実習,罵諭垢文腔ケア用具の使い方を自分自身の口腔内で確認した後、実習△砲徳蠍澆粘靄榲な流れの口腔ケアをブラシの圧等確認しながら行いました。

 

【実習∩蠍濕遜デモンストレーションの様子】

 

受講者からは、「口腔ケアを実際自分がされると痛かったり、痛くなかったりどんな力加減でやるのが良いかを改めて確認することができた」との声もいただきました。

ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました。

今後も口腔ケアの基礎的な研修会は継続して企画・開催していきたいと思います。

 

また、当協会ではその他ニーズに沿った様々な研修会を企画・開催しております。

皆さまからのこんな研修会に参加したい!」との貴重な声をぜひ、お聞かせください!

 

 

〜研修会の希望の声はこちらから〜

 

 


| 1/5PAGES | >>